久米島・奥武島の紹介

自然の魅力いっぱいの、久米島・奥武島に行こう!

  1. Top
  2. Okinawa Guesthouse KERAMA
  3. 沖縄離島のすすめ
  4. 久米島・奥武島の紹介

久米島

久米商船に乗って、いざ久米島へ!いやーいくつになっても船旅はワクワクします。ビールとおつまみは忘れずに。
泊ふ頭旅客ターミナルビル「とまりん」まで、沖縄ゲストハウスけらまから徒歩2分で着きます。

船内はクーラーが凄く効いているので上着やブランケットがあれば快適です。備え付けのブランケットもありますが、たまに足りなくなるので…。特にシーズン中はご用心。

久米島の兼城港ターミナル。塩でやけて、のんびり風景の中でこれはこれでよし。

久米島のシンリ浜。無料のキャンプ場があり無料のシャワー・トイレ、それと売店が揃っていて快適です。夕方に酒を飲みながら潮風に吹かれて一段落。テントサイトのロケーションもなかなかです。

シンリ浜キャンプ場 キャンプ場として使用は無料だが申請が必要。

問い合わせ

久米島町役場環境保全課 TEL 098-985-7126

イーフビーチ。沖縄の中でもトップクラスの綺麗なビーチだそうです。イーフビーチホテルは外観は古めだけど内装はリフォームしてあり良い雰囲気でしたよ。

奥武島

久米島のそばの奥武島へ。沖縄には本島にも同じ名前の島がありますが、沖縄には「奥武島」という名前の島がいくつかあるそうです。

天然記念物にもなっているユニークな「畳石」も見れます。

奥武島のキャンプ場。有料ですが、その価値あり!設備も整っていてキレイです!